【祝いの儀】

祝いの儀・モニター
祝いの儀という、行者様が行うものです。

今回、学びを終えてきましたので、モニターを募集させていただきたくUPいたしました。
五穀豊穣・稲荷大明神およびダキニ天・三狐神(みけつしん)にお願い申し上げるというものです。

本来は奇数の月か、祝い事のあったもの(結婚式や出産など)があった時に行えるものだそうです。
おそらく、祝い事という意味では、子供の未来の繁栄や家の繁栄を祈るからといえるでしょう。

画像にアップしているのは、式後にお渡しする符です。
和紙に墨をしようして仕上げるものです。
(画像は急ごしらえの写真なので、平均的な筆ペンですが、仕上げるものは東洋術式を行うときの筆となります)

式(20分程度のセッションです)が終わりましたら、札を仕上げてお送りいたします。
送料はワークの中に含まれています。

今回のものは、お子様や親御様・・・ある一定の範囲の方までお受けすることが出来ます。祝いの儀なので神社に行き「親族皆健康でありますよう」と願うようなものです。
符は苗字1つに対し1枚です。

受けられる範囲

自分自身ーご本人の親御様ー御兄弟ー御兄弟のお子様ー御兄弟の伴侶ー
自分の伴侶ーお子様ーお孫様

というくらいです。

男性の方がご依頼して、奥様、お子様と、申込者の兄とその妻・お子様をお願いしたとします。
○○家となりますので、上記の場合、符は2枚。
申し込み者とお兄様の家ですね。

お手元に届いたら名前を書いていただく形になります。

申し込み者が受けない状態でのご依頼はできません。
本人の項目は必須です。(本人数が0の場合終了しています。)

モニター数は2月のみです。
2月に申し込みをいただいて、セッション日取りは3月スケジュールがUPされたらお選びください。

3月になりましたら正規金額でのお受付が始まります。
モニターはありません。




1,000円-10,000円

注文数:

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索